きわめ

という事で、寸又峡に行ってきた。

 

すんまたではありません。

すまたです。

えっちなことをかんがえるのはよくないとおもいます。

 

 何度か一度は行こうと思っていたものの、大井川鉄道の本数が少なくて移動と観光が困難なので行けなかった。

でも、今回は明日の航空祭もあるし、他に静岡県内で面白そうな場所も見つからないのでなんとか頑張ってみた。

 

電車を乗り継ぎ、金谷駅に到着。

ここが基本駅となり、SLに乗る人は次の新金谷で降りて乗り換え。

それ以外の人は、そのまま終点の千頭まで乗ることになる。

f:id:wellner:20140927085437j:plain

SLは予約が基本で、当日に来てもイキナリは乗れないみたいだ。

しかも今は機関車トーマスも走っているので混雑しているようで、実際寂れた駅の割には子供連れが多い。

 

電車は大井川の横を走る。

思っていたほど見晴らしが言い訳ではないが、悪いという訳ではない。

f:id:wellner:20140927092804j:plain

ちなみに電車は左右どっちに座っても大井川は見える。

金谷発だと、進行方向に対して右に座ると前半に見え、左に座ると後半に見える形になるので、どっちもどっち。

 

それなりの時間で終点の千頭に到着。

ここでアプトラインというトロッコ電車に乗る人は乗り換え。

自分は寸又峡なので、降りてバスにて移動。

f:id:wellner:20140927101410j:plain

 

駅ではトーマスフェアをやっていて子供連れが多い。

撮り鉄も多いけど、それは途中の駅で降りて線路沿いにて待っているようだった。

f:id:wellner:20140927101617j:plain

 

トーマスなんて顔付いててキモイし、誰に人気が・・・なんて思っていたけど子供には人気のようだ。

その人気のキャラが、実際にこんな風になってしまうのだから子供にはタマランだろう。

よく知らない自分ですら、これには圧倒される。

f:id:wellner:20140927150044j:plain

だが、残念ながらトーマスの新金谷にいて撮影は出来ず。

 

寸又峡へのバスは、駅前から10:30分。

駅でバスのチケットを購入して対応する。

帰りは寸又峡の方で売ってるのを購入する。

 

時間が少しだけあるので、駅に隣接している施設で鉄道関連のモノを見る。

色あせたトーマスグッズがあるし、トーマスがらみは昔からやっていたのかな。

f:id:wellner:20140927101901j:plain

f:id:wellner:20140927101951j:plain

やはりSLがメインのウリのようで、SLフェスタも開催されるようだ。

・・・微妙に萌えないキャラに逆に萌える。

f:id:wellner:20140927102403j:plain

 

そんな感じでバスの時刻になったのだけど・・・

バスに乗るのは、地元の方2名と観光客は俺と1家族のみと、思っていたよりも少ない。

まぁ紅葉の時期ではないし、こんなものなのだろうか。

 

道はかなり細い道を通る。

すれ違うことが出来ない所が多数あり、簡易信号が付いている。

お陰で秘境感がかなりする感じ。

f:id:wellner:20140927140806j:plain

バスの中からはアプトラインの駅と発電所が見える。

f:id:wellner:20140927141808j:plain

 

そしていろは坂バリに揺られること40分位で、寸又峡に到着。

f:id:wellner:20140927111039j:plain

 

帰りのバスは14時と約3時間。

観光するのは正直な所では吊り橋しかないので時間は余りそうだけど、食事をして温泉に浸かれば丁度の時間だったりする。

 

大体吊り橋一周コースが90分。

明かりがなかったら怖いだろうなーと思うトンネルを抜け・・・

f:id:wellner:20140927112414j:plain

 

バスには全然人はいなかったものの、現地には意外と人は多い。

特にバイカーが多く見られた。

 

看板を見れば紅葉の時期になったらそれなりに混む場所というのがよく分かる。

f:id:wellner:20140927112758j:plain

 

そして吊り橋が見える。

過去こんな風な吊り橋を渡ったことはないが、それなりに揺れる吊り橋は渡ったことはあるので

まぁ余裕だろうと思っていた・・・思っていた。

f:id:wellner:20140927113354j:plain

自分は軽く高所恐怖症のつもり。

高い所は苦手なのだけど、過去の吊り橋は余裕。

それは何故なのか? 理由は所詮上下にしか揺れないからだ。

上下にしか揺れないからバランスを取るのも余裕だし、崩しても倒れるのは前だけでは怖いわけがない。

 

所がこれは、横にも揺れる・・・ゆ、揺れるwwwwwwwwww

前のおっさん仲間とはしゃぎ過ぎて、わざと橋揺らすしコエー!

f:id:wellner:20140927113430j:plain

 

もう横のロープから手を離せない(白目)

f:id:wellner:20140927113553j:plain

 

しかもこの直後、おっさんは走る。

重要なことなのでもう一度言います・・・前のおっさんは走ります。

f:id:wellner:20140927113623j:plain

 

あー景色が素晴らしいですね(^^ 

なんて余裕ねーよwww 走るなよおっさん!!

横揺れが怖くてカメラ構える事すら困難過ぎwww

f:id:wellner:20140927113707j:plain

多分一人で渡るのなら、揺れのリズムが自分と一致するのであんまり怖くはないと思う。

でも、それなりの人が渡るのでリズムが狂って横に傾いた時がタマラン感じになるのではないだろうか・・・

 

そして橋を渡りそれなりに登る。

軽く息切れするくらいには。

f:id:wellner:20140927114212j:plain

 

展望台には昔作業に使われてたようなトロッコ列車

f:id:wellner:20140927114728j:plain

f:id:wellner:20140927115457j:plain

 

展望台の割には、あんまり展望は良くないよな気がしなくもない。

反対側には丁度看板があったあたりが見える。

f:id:wellner:20140927115201j:plain

 

軽く休んで、再びコースを歩き出す。

紅葉にはまだまだのもみじ。

一部紅く色づいている木々もあるけども、まだまたっぽい。

f:id:wellner:20140927120017j:plain

飛龍橋が見えてくる。

f:id:wellner:20140927120140j:plain

多分、この橋の上からが一番見晴らしがいい。

f:id:wellner:20140927120557j:plain

 

ホントは縦には撮りたくないのだけど、50mmでは上手く撮れないので縦に。

f:id:wellner:20140927120840j:plain

 

そしてコースを一周。

スタート地点のお店でわさびそばを食べる

f:id:wellner:20140927123950j:plain

・・・自分には辛すぎた。

 

そしてお風呂へ。

400円と安いものの、その分小さめではある。

f:id:wellner:20140927132353j:plain

しかし、この温泉は久々に湯の花が凄い。

大量のゴミがあるのかと勘違いするほどにすごい量でビックリした。

見た目はゴミっぽくて不潔だけど、本当にガチっぽくてこれはこれでアリかなーと思う。

 

そんな感じで、ゆったりと過ごしていればあっという間にバスのお時間14時になり、再び千頭駅に。

 

電車まで30分くらいあるので、河原に降りて景色を眺めていた。

f:id:wellner:20140927143933j:plain

そしてSLが発射するようなので撮影。

f:id:wellner:20140927145456j:plain

自分にとってSLと言えば銀河鉄道999で、もうSLを見たら頭のなかにはゴダイゴしか流れない。

でも、今の子供にとっては、トーマスなんだよなぁ・・・なんかこう表せない複雑な気持ちだ。

 

そしてこの後電車で再び金谷駅に戻り、一日目は終了。

翌日は浜松航空祭へ。

 

それにしても50mmは広大な風景に向かないと改めて痛感。

悔しいけど、やっぱり旅行には標準ズームの方が良さげ。

更に今日の画像は加工してないやつを上げてしまった・・・どんまい俺。

広告を非表示にする