読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいり

という事で、風邪ひきました・・・

 

まだひき始めなので、ムリをしない程度に映画を見てきました。

ブラピ主演の硬派な戦車映画「フューリー」です。
f:id:wellner:20141129212659j:plain

 ☆5点満点で、☆2.5かなー?

 

これはガルパンの戦車道ではなく、ガチの戦争映画です。

だから。ストーリーも展開もよくある戦争モノと差がないというか全く同じというか。

ベテランの戦車チームに新人が入ってきて、最前線で死闘を繰り広げるってなれば、もう展開は読めたも同然というか。

余計な事を考えずに安心して見れるというか、やっぱりの展開というか、そんな感じ。

 

それに当然戦争映画なので、やっぱりちょっとグロイです。

直接的なグロイのは少ないですが、それなりに千切れたり撃たれたりします。

ですが、全体的に暗いのでグロさは抑えられているように見えました。

 

数ある戦争映画との違いがあるとしたら、ホンモノのティーガー戦車を使っている所くらいかも知れません。

まぁホンモノと偽物の差なんて自分にはわかりそうもありませんけど。


最強のティーガーとの戦闘シーンは、まさに死闘を繰り広げるわけですが・・・

これガルパンのあのシーンじゃんwww と言いたくなる展開で、熱い展開なのにニヤついてしまいました。

 

 

戦車の迫力や音など良かった点も多いですが、どーしても1点だけ気になる点がありまして・・・

 

それは曳光弾の輝きが、まるでレーザー光線のような感じに見えるほど画面から浮いていた点。

ホンモノはこうだから!と言われたらそうですかっていうしかないんですが、

自分には脳裏にスターウォーズがよぎる程の違和感でした。

 

今日公開初日だと思いますが・・・17時からの開演で客席は3割。

オタクっぽいのも少なく、ごく普通の映画ファンが見ている感じでした。

やはりガルパンが戦車界隈に大きな影響を与えたとしても、それはあくまで戦車道としての戦車であり、

実際のガチな戦争モノの戦車へとはあんまり繋がってないんだなぁ

 

やっぱり平和なのが一番だよねっ!!

・・・そんな感想となります。

 

そして、最近ローストビーフ丼とかが流行っているようなので自作してみた。

お店に行こうとしたけど、なんかオサレなお店でおっさん一人じゃ入れないしさ・・・

f:id:wellner:20141129040725j:plain自作したら超美味いんですけど! マジで!!

 

特にコツはありません。

適当に作り方をググって、盛り付けを似たような形にしただけだし。

てか、料理なんてプラモデルと似たようなモンだろ?くらいにしか思ってないのでわかりません。

 

 

そんな感じで今週は終了。

来週は鎌倉の紅葉が良い感じっぽいので、風邪が治っていたら鎌倉予定。

広告を非表示にする